社内SEの憂鬱。

社内SEの憂鬱。

仕事について考える。

自身の考え
・良さそうなものは勉強して取り入れたい。何でも新しいものは素晴らしいというのはまたちょっと違うと思う。新しくてもその会社に合ったものでないと、取り入れる意味がない。
かといって新しいものは常にリスクが伴うから、現状動いてるものからわざわざ変える必要がないというのもまた違うと思う。

社内SEとして仕事をしているとやっぱり、この葛藤は非常に多い気がする。まずは上司の考え方とわたしの考え方が合わない、そして会社として役員が考えていることはまた違う。それは仕方のないことだけど、同じ方向を向くように仕向けるのは上司の役割だとわたしは思う。

現状で満足しているのか。それとも働く気がないのか。考え方の相違ではなく、そう感じてしまうわたしが過敏なのか。いや、そうは思わない。向上心をもつことは社内SEとして必須。学ぶことをやめてしまったら社内SEというより社会人として終わりだよなと思う。

現状で満足し、その場しのぎの現場対応、そんなあの方とどう向き合っていくべきか。定年までこの給料差で居座られ続けることを考えると、デメリットのが大きいように思う。書いているうちにまた愚痴っぽくなってしまった。気を取り直して自身の歩みを止めないよう、努力していこうと思います。

その他カテゴリの最新記事