自転車通勤時に使用したい裾留めバンド。

こんにちは。Teknoです。

新年最初の投稿ですのでご挨拶をさせていただきます!
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

それでは本題に。

自転車に乗っているとき、裾がフロントギアに巻き込まれ、怖い思いを経験したことありませんか?また巻き込まれた裾は汚れてしまい、なかなか汚れが落ちません。特にスーツで自転車通勤している方は気をつけている人が多いのではないでしょうか。そういった裾の巻き込みを防止するための裾留めバンドを紹介したいと思います。

自転車通勤時に使用したい裾留めバンド。

裾バンドの用途

ヒラヒラしているズボンの裾を裾バンドで絞り自転車のギヤに巻き込まれるのを防止します。車のヘッドライトなど光を反射するようになってるものもありますので、夜間走行時も安心です。

おすすめの裾バンド

モンベル リフレクティブサイクルバンド

おすすめ理由

・再帰反射糸が織り込まれているため、360度あらゆる角度から車のライトを反射するため。
・2本1セットで販売されていること。

モンベル リフレクティブサイクルバンドワイド

※片足の1本のみで販売されています。

おすすめ理由

・幅が70mmのため、裾にしっかりフィットする。
・再帰反射糸が織り込まれているため、360度あらゆる角度から車のライトを反射するため。

終わりに

いかがでしたでしょうか。自転車通勤に限らず、自転車乗りにとっては持っていたほうがいいアイテムだと思います。
何より、裾がギアに巻き込まれることの防止や、夜間走行時の反射板としての役割も出来ますので一石二鳥です。
これからスーツなどで自転車通勤をしようと考えている方はとくに購入を検討してみてもいいとか思います。

それではまた。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加