今もっとも欲しいゲーム機「レトロフリーク」

おはようございます。Teknoです。

最近「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が話題となっていますが、
今わたしがPS4と同じくらい欲しいゲーム機があります。

その名もレトロフリーク

今回は「レトロフリーク」を紹介したいと思います。

レトロゲーム互換機「レトロフリーク」

レトロフリークってどんな物?

レトロフリークは、1台で11機種のゲーム機用カートリッジを接続してプレイできる「レトロゲーム互換機」です。

昔のゲームが物置に眠っている方なら、そのゲームソフトを接続するだけで、当時の興奮や感動を再び体験できます。

レトロフリークをおすすめしたい理由

対応しているゲーム機種の数が豊富

レトロフリーク本体があれば、11機種に対応。
1.ファミリーコンピュータ
2.スーパーファミコン
3.Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)
4.ゲームボーイ
5.ゲームボーイカラー
6.ゲームボーイアドバンス
7.メガドライブ(NTSC/PAL)
8.GENESIS(北米版メガドライブ)
9.PCエンジン
10.TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
11.PCエンジン スーパーグラフィックス

さらに、周辺機器を追加すれば15機種まで対応。

ギアコンバーター対応カートリッジ
12.ゲームギア(カートリッジ)
13.セガ・マークIII(カートリッジ/マイカード・マークIII)
14.SG−1000(カートリッジ/マイカード/オセロマルチビジョン用カートリッジ)

NESカートリッジコンバーター対応カートリッジ
15.Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)

microSDカードにゲームソフトをインストール可能

ゲームソフトをmicroSDカードにインストールさえしておけば、ゲームソフトを本体に挿すことなく、ゲームがプレイできます。

この機能が非常に便利ですね!インストールさえしておけばプレイしたいゲームを選んで、すぐプレイ出来るようになるんです。

※レトロフリークの使用許諾条件を守って使用してくださいね!

・ゲーム中どこでもクイックセーブ可能

クイックセーブ機能は、各ゲーム100個までデータを保存できてレトロフリークで動作する全てのゲームに対応している。

難しいステージ前でセーブして何度もトライ出来ますね!ちょっとした時間でもプレイしてセーブ出来るから嬉しい!

・HDMI接続で高解像度化

レトロフリークは、HDMI接続が出来、出力されるゲーム画面は自動的に720pに高解像度化されて表示される。

解像度がよくなるので、ストレスなくプレイできますね!

紹介動画

価格

レトロフリーク/希望小売価格:20,000円(税抜)

レトロフリーク(コントローラーアダプターセット)/希望小売価格:23,000円(税抜)

レトロフリーク(ギアコンバーターセット)/希望小売価格:26,000円(税抜)

公式サイト

本記事で紹介した内容以外にも機能や周辺機器などありますので、最新情報は公式サイト等で
確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。わたしも物置に眠っているソフトがたくさんあるので、掘り起こして、久しぶりにレトロゲームをプレイしたいです。
昔のゲームって今のゲームには無い面白さがありますよね!難しすぎてクリア出来てないゲームに挑戦するのもいいかもしれません。
以上、わたしの欲しいゲーム機の紹介でした。

それではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存